ホーム > 暮らしのガイド > くらし まちづくり > 木造住宅耐震診断助成事業

ここから本文です。

更新日:2017年8月10日

胎内市木造住宅耐震診断助成事業
~住宅の安全性・確認してみませんか?~


いつ?どこで?発生するか分からない大地震!
市では災害に強いまちづくりの実現に向けて、耐震診断士の派遣、耐震改修設計・耐震改修工事費用の一部を補助しております。
特に昭和56年5月以前の住宅は耐震性能が低く、老朽化が進んでいる可能性が高い統計結果が出ております。今年度より「無料」でお住まいの建物の地震に対する安全性を確認する事が出来ますので、この機会に耐震診断をお申し込み下さい。

既に耐震診断を受け、耐震性能が【1.0】以下と判定された住宅にお住まいの方は、耐震改修設計等のご案内をこちらのリンクよりご覧ください。→耐震改修設計・耐震改修工事費用助成のご案内 

 

受付期間 平成29年8月17日(木)~平成29年8月25日(金)
募集期間

 

お申込みの時は、下記調査期間①②のどちらかをご指定下さい。

(調査期間①)平成29年9月11日~平成29年10月6日

 

       募集戸数 5件

(調査期間②)平成29年12月8日~平成29年1月12日

       募集戸数 5件

※募集戸数を超えた場合、抽選とさせていただきます。

※耐震診断のための調査は上記期間内のうち、1日程度です。

※細かい調査日の決定は、後日調整の上、決定させていただきます。

補助の対象となる住宅
(次の全てに該当する建築物)

  • 昭和56年5月31日以前に、市内で建築、または工事に着手した木造住宅
  • 一戸建ての住宅であること
    (店舗や事務所などを兼ねた住宅の場合は、延べ床面積の半分以上が住宅部分のものに限る。)
  • 延べ床面積が500㎡以下で地階を有しない地上2階建て以下の住宅であること
  • 木造軸組工法であること
    (国土交通大臣などから特別な認定を受けた工法等によって建築された住宅でないこと)

補助対象となる方

市内に住所を有し、かつ、補助の対象となる建物を市内に所有する方

補 助 額

個人負担はありません(無料) 

申し込み方法

下記の必要書類をご持参いただき胎内市役所2階地域整備課までお越しください。
お電話等での相談も随時受け付けております。

  • 耐震診断士派遣申請書(PDF:442KB) (市役所でもご用意しております。)
  • 建築年次及び建物の延べ床面積が判断できる書類の写し
    (登記簿謄本、建築確認済証、課税証明書等)

 

  

 耐震改修設計・耐震改修工事費用助成のご案内

すでに耐震診断を実施され、その評点が「1.0」以下と判定された場合、住宅の評点を1.0以上に向上させるための設計・工事費の助成も行っております。

ぜひ、ご活用いただき地震動に対しての備えにお役立てください。

※改修の目標「評点1.0」の目安・・・大地震でも一応倒壊しない
                      (人命が失われるほどの被害は受けない)というレベル
                      ※日本建築防災協会の診断方法により算出した評点

 

 

耐震設計

耐震改修

募集戸数 1戸程度 1戸程度
(左記設計を完了したものに限ります)
受付期間 受付しております。(終了予定 10月末)
補助対象
  • 市が実施する耐震診断の結果、

   総合評点が1.0未満の木造住

     宅を総合評点1.0以上にする

     ための耐震設計に要する費用

左記耐震設計に基づく下記の経費

  • 耐震改修工事費
  • 耐震改修改修工事を行うために必要となる既存仕上げ等の撤去、再仕上等に要した費用
  • 工事監理費
補助金額

下記のいずれか低い方

①設計費用の1/2に相当する金額

②10万円

下記(1)と(2)の合計額

(1)次に掲げる額のうちいずれか低い方

   ア)50万円

   イ)耐震改修に要する費用の1/3

(2)次に掲げる額のうちいずれか低い方

   ア)15万円

   イ)(1)で算出した額の1/2

必要書類

申込み 上記の必要書類をご持参いただき胎内市役所2階地域整備課にお越しください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域整備課都市計画住宅係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

toshikei@city.tainai.lg.jp