ホーム > 暮らしのガイド > 戸籍・住民票 > 特別永住者の住民登録について

ここから本文です。

更新日:2014年3月14日

特別永住者の住民登録について

平成24年7月9から、新たな在留管理制度の導入と住民基本台帳法の改正により、外国人の方に関する登録制度が変わり、住民基本台帳に登録されました。

特別永住者の方は「外国人登録証」が廃止され、「特別永住者証明書」が交付されます。

法改正後の変更点

法改正後、特別永住者の方は大きく分けて3つの変更があります。

  1. 住民基本台帳に登録され、「住民票」が交付されます。
  2. 対象になる人は、「特別永住者」のみです。
  3. 外国人登録証は法改正後に、「特別永住者証明書」になります。

特別永住者とは

日本国との平和条約に基づき、日本の国籍を離脱した者等の出入国に関する特別法(平成3年5月10日法律71号)に定められた人たちのことです。

特別永住者証明書とは

外国人登録証の代わりとなるもので、特別永住者に交付されます。

現在、外国人登録証をお持ちの方は、特別永住者証明書に切り替えるまで有効となりますので、切り替えの手続きを行うまで、引き続き所持してください。

特別永住者証明書は、常時携帯義務はありません。

法改正後は、市の窓口で有効期間更新の手続きを行います。

関連情報

 

お問い合わせ

市民生活課市民係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

shimin@city.tainai.lg.jp