ここから本文です。

更新日:2017年12月7日

奨学金

経済的な理由で修学が困難な生徒や学生のために、無利子の奨学金貸付制度を設けています。

胎内市奨学金の申請について

申請についての詳しい事項は下記要項をご確認ください。

 

貸与予定者数

平成30年度は6名程度を予定しています。

 

申請資格

  1. 市内に1年以上居住し、引続き居住する世帯の子弟であって、高等学校、中等学校後期課程、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学、大学院または公共職業能力開発施設に入学する者及び在学中の者。
  2. 学業に優れ、心身共に健全であり、学生生活の全般を通じて、態度及び行動が学生にふさわしく将来良識のある社会人として活躍できる見込みがあること。
  3. 経済的理由により、修学が困難であること。
  4. 日本学生支援機他の奨学金を受けていない、または受ける予定がないこと。(申込時期が重なるものについての重複申込はやむを得ないが、どちらも奨学生として決定された場合はいずれか一方を辞退すること。)

基金による運営のため、採用に限りがあります。以上の資格を満たしても成績要件等により、採用されない場合があります。

 

貸与期間および貸与額

貸与期間は、在学する学校等の最短修業年限の終期までとし、貸与額は以下のとおりとなります。

  • 高等学校、中等教育学校後期課程:月額10,000円以内
  • 高等専門学校、専門学校、短期大学、公共職業能力開発施設:月額40,000円以内
  • 大学、大学院:月額50,000円以内

 

申請に必要な書類

申請に必要な各種様式は、平成30年2月1日から胎内市教育委員会学校教育課窓口、または市役所1階総合案内(中央カウンター)にてお渡しします。

必要な書類は以下のとおりです。

  1. 奨学金貸与申請書(第1号様式)
  2. 奨学生推薦調書(第2号様式)
  3. 成績証明書
  4. 保証書(第3号様式)
  5. 住民票(世帯のもの)
  6. 保護者(父母)の収入に関する証明書市民税申告書の写し
  7. その他(該当する場合のみ)a.障がいのある人のいる世帯、b.長期療養者のいる世帯で療養のため経常的に特別な支出がある世帯、c.主たる家計支持者が別居している世帯、d.火災、風水害、盗難等の被害を受けた世帯

 

申請受付期間

平成30年3月5日(月曜日)から平成30年4月13日(金曜日)

 

申請先

胎内市教育委員会学校教育課(胎内市役所黒川庁舎2階)

〒959-2807胎内市黒川1410番地

電話0254-47-2711(内線2311)

 

その他

  • 奨学生の決定及び通知

奨学生選考委員会において、人物・学力・健康状態・経済状況等総合的に審査をおこなった後、貸与の決定(または非認定)を5月下旬頃に通知します。

 

  • 奨学金の交付時期

初回は4~6月の合算した額を6月中旬~下旬に交付します。

7月以降は毎月10日(金融機関休業日については前営業日)に交付します。

 

  • 奨学金の返還

貸与終了後、最長で10年以内に返還します。(ただし、貸与総額により1年間に返還すべき最低額が決まっているため、返還期間が10年より短い場合もあります。)

返還は年賦(12月)もしくは半年賦(6月、12月)から選べます。また、繰上返済はいつでも可能です。

 

  • 奨学金交付の休・停止

奨学生が休学もしくは長期にわたって欠席したときは、奨学金の貸与を休止することがあります。また、学業や性行等の状況により奨学生として適当でないと認めたときは、奨学金の貸与を停止または貸与期間の短縮をすることがあります。

 

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会学校教育課学校教育係

新潟県胎内市黒川1410

電話番号:0254-47-2711

gakuji@city.tainai.lg.jp