メニューをスキップします

新潟県 胎内市

自然が活きる、人が輝く、交流のまち“胎内”

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ここから本文です。

更新日:2022年4月13日

 

胎内市美術館

main_design_bytakayoimai

 

nenkanh

パンフレット表/2022-2023(JPG:2,627KB)

パンフレット中/2022-2023(JPG:2,661KB)

最新の企画展

jyomon

ポスター拡大はこちら(JPG:2,369KB)

【地味にすごい!下越の縄文時代】企画展示室A

下越の縄文時代の、優美で個性豊かな考古資料を一堂に展示します。

2022年4月9日(土曜日)~6月26日(日曜日)

下越地区の美術館・博物館等が、それぞれの地域の縄文時代の様子を、連携して展示します。

2022年4月22日(金曜日)~6月26日(日曜日)

胎内市美術館ではプレオープンとして、4月9日(土曜日)より開催しております。

チラシ表(JPG:4,855KB)

チラシ裏(JPG:5,004KB)

=関連イベント=

開場式・作品展示品解説会4月24日(日曜日)午前10時~正午

講師:縄文展解説(教育委員会職員)陶展解説(フジタヨウコ)

入館料が必要です。

胎内市PTA連絡協議会標語コンクール表彰式4月9日(土曜日)午前10時~

メディアコントロールやコロナ禍において大切だと考えていること、家族や友達に伝えたいことなど、やさしさあふれる標語と絵で表現したポスターを、市内小中学生より募集しました。

講演会新潟県立歴史博物館出前講座5月22日(日曜日)午後2時~3時30分

演題:岡本太郎と縄文土器論

講師:宮尾亨氏

入館料が必要です。

酸性白土(粘土)の発見と利用について6月25日(土曜日)午前10時~正午

講師:石山勇氏

入館料が必要です。

フジタヨウコ陶展:企画展示室B・C

陶芸に人生を捧げた村上出身の女流作家、フジタヨウコの詩的な世界を紹介します。

市民ギャラリー・談話室(無料)4月9日(土曜日)~6月26日(日曜日)

フジタヨウコ小作品展(無料)

ちいさなちいさな、かわいらしい妖精が住んでいるような、いくつもの陶のお家をご覧になれます。

酸性白土(粘土)の利用と歴史展(無料)

昔から胎内市で盛んに採掘されている、酸性白土(粘土)を紹介します。

胎内市美術館特別ワークショップ

縄文缶バッチづくり

期日:4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)

午前の部:10時~正午

午後の部:1時~4時

参加費:200円

定員:なし(予約不要)

縄文時代を表現したデザインで、オリジナルの缶バッチをつくろう!

フジタヨウコマイカップづくり

期日:5月14日(土曜日)

午前の部:10時~正午(定員10名)

午後の部:1時30分~3時30分(定員10名)

参加費:1,000円

定員:各回10名(要予約)

陶芸家フジタヨウコさんの指導のもと、オリジナルのカップをつくります。

------------------------------------------------

【開館時間】午前9時30分~午後5時(※最終入館は閉館の30分前までとなります)

【料金】大人300円小人150円小学生未満無料

団体20名以上割引あり

障がい者手帳・ミライロIDを提示の方は半額

【年間パスポート】大人1000円小人500円

お問合せ☎0254(47)2288/胎内市美術館

過去の企画展一覧

honmamasahidenihonga2saitououshi_tetsuominakanomasatomo

maruokaminorukenntenngeitennsakkatenn20220115

2021-2022

春の企画展本間正英日本画展

夏の企画展斎藤應志・鐵臣二人展

秋の企画展1.中野雅友ーアイヌ・ユーカラー展

秋の企画展2.丸岡稔風景画展

冬の企画展胎内市在住県展・芸展作家展

ukioetennakamuratakashi_posteryamazakijunpei

shimadaogawasakaiB2

2020-2021

春の特別展浮世絵名品展「歌麿・北斎・広重など」

夏の特別展中村隆イラストレーション展

秋の特別展1山崎順平日本画回顧展

秋の特別展2ハワイアンキルトManaの世界島田桃子展

冬の特別展小川芋銭・酒井三良展

hasegawaasako2019tainaiartmuseumsakadumekatsuyuki_tainaiartmuseu平方メートル019funaema

minoruohira-roger2020kenntenngeitennsakkatenn

2019-2020

春の企画展長谷川朝子展

夏の特別展坂爪勝幸陶展

秋の企画展1北前船と船絵馬展

秋の特別展大平實とロジャー・シュイナール展

冬の特別展県展・芸展作家展3.

Hayatsuitoseihu_exhibition_jpgboboartexhibition_tainaiartmuseumaraimiki_tainaiartmuseu平方メートルkentengeiten2018tainaiartmuseum

2018-2019

春の企画展早津剛展

夏の企画展伊藤省風書展in胎内

秋の企画展1金子ボボアート展

秋の企画展2新井美紀展

冬の企画展胎内市在住県展・芸展作家展

hommayaichitakahasikentengeitensakkaten

2017-2018

春の企画展本間正英日本画展

夏の企画展會津八一遺墨展

秋の企画展髙橋与兵衛写真展

冬の企画展胎内市在住県展・芸展作家展

openningminoruohirasaitoshinichiokuyamanosho

2016-2017

春の企画展山本順コレクション展

夏の企画展大平實展

秋の企画展斎藤真一越後瞽女日記展

冬の企画展奥山の荘至宝展

フォトギャラリー

 

daijigennkann

001003r0050304108407

アートキャンプin胎内

美術館では夏に、胎内市出身の造形作家大平實さん(アメリカ在住)と創作活動、キャンプを実施しています。

普段体験できないような活動を通じ、子どもたちの表現力を存分に発揮していただけます。

52413

2014年のキャンプのようす

8月1日(金曜日)

8月2日(土曜日)

8月3日(日曜日)

2015年のキャンプのようす

7月31日(金曜日)

8月1日(土曜日)

8月2日(日曜日)

ワークショップ

美術館では、様々なテーマを通じて"創造"や"手法"を学び、「ああすればよかった」「これが出来なくてくやしかった」「次はこうしたい」といったさまざまな気持ちに気づき、経験を増やすお手伝いをしています。みなさんもいろいろなワークショップに参加して何かつくってみませんか?

workshop

サポーターズ倶楽部

supporters_club

supporters_pictures

サポーターズ倶楽部の活動内容(JPG:705KB)

活動日時・応募方法・お問い合わせ先(PNG:389KB)

ちょっと見学にきてみませんか?

所在地

〒959-2806
胎内市下赤谷387-15

連絡先

電話:0254-47-2288

開館時間

午前9時30分~午後5時

休館日

月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、展示替え期間中

入館料

fee

手帳に第1種、第1級の記載のある方及び胎内市の認定書をお持ちの方については、付き添いの方も1名半額となります。その他詳細についてはお問い合わせください。

施設紹介

施設案内表(PDF:1,181KB)

施設案内裏(PDF:743KB)

展覧会のご案内2018-2019表(JPG:782KB)

展覧会のご案内2018-2019裏(JPG:572KB)

市民アートギャラリー・サポーターズ倶楽部ご案内(PDF:879KB)

大平實ホームページ

胎内市美術館フェイスブック

 

ページの先頭へ戻る

officiallogoyakiinlogo

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課文化・文化財係

新潟県胎内市黒川1410

電話番号:0254-47-3409

bunnkazai@city.tainai.lg.jp