ホーム > 市政情報 > 財政 > 事業見直しについて

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

市の各種事業の見直しを行います                  ~将来にわたって持続可能な行財政運営を行うために~

 

1.取り組みの目的

 市の財政状況は、歳入では、主要な財源である市税や地方交付税等の一般財源については減少していくことが見込まれ、歳出では、社会保障関係費や市債の返済金である公債費、施設の老朽化による維持補修費などが増加傾向にあります。これまでは、市の貯金にあたる基金を取り崩して財源不足を補うことができていましたが、基金の残高も少なくなり、基金に頼らない財政運営を行っていくことが困難となっています。

 このような厳しい財政状況の中、持続的かつ安定的に行財政運営を行っていくためには、限りある財源の中で、真に必要なもの、大切にしなければならない需要を見定めながら、今行っている各種事業を見直し、歳入に見合った事業推進を図っていくことが求められています。

 

2.取り組みの概要・事業見直しの視点

 以下のように必要性、妥当性、有効性、効率性、類似性等の視点から見直しを行います。

(1)既存事業の見直し

  ・費用に対して行政サービスの効果が乏しいものとなっていないか

  ・時代の潮流に応じて開始されたものの、必要性が低下したにもかかわらず、漫然と継続されてはい

   ないか

  ・国・県の基準や他市と比較して給付等の水準が高すぎないか

  ・行政として取り組むよりも他の主体により実施した方が効率的なのではないか

  ・対象者が少数に限定されていないか

(2)受益者負担の見直し

   経費や受益の程度に応じて適切な負担が求められているか

(3)施設の見直し

  ・老朽化し多額の改修費等が必要となってきていないか

  ・運営経費に見合わない利用状況となっていないか

  ・類似の施設と統合できないか

  ・利用者が少ないにもかかわらず常時開館していないか

  ・利用向上に向けた方策がなされているか

(4)その他

   利用する予定のない市有財産の売却、貸し付け

3.令和2年度に向けた事業見直し 

 令和2年度に向け見直しを予定している事業について、下記のとおりお知らせします。

  令和2年度に向けた見直し予定事業一覧.PDF(PDF:190KB)

 なお、見直しの内容は現時点では予定であり、事業見直しを盛り込んだ令和2年度予算案等については、2月20日から開会される市議会定例会で審議のうえ、決定されます。

 

4.令和元年度に向けて行った見直し事業一覧

  見直し事業一覧.PDF(PDF:261KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政課財政係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

zaisei@city.tainai.lg.jp