新潟県胎内市公式ホームページ
胎内市ホームページ > 施設・催物 > 奥山荘歴史館


奥山荘歴史館


画像をクリックすると拡大します。
歴史館正面写真
おくやまのしょうれきしかん
959−2659 
新潟県胎内市あかね町107−10
TEL/FAX0254-44-7737
 

奥山荘歴史の広場の南西に位置し木造2階建て。
内部にある手斧仕上げの太い柱は圧巻です。
江上館跡のほか奥山荘城館遺跡等で出土した多くの
遺物、写真などで奥山荘の歴史をわかりやすく解説展示
しています。
無料の駐車場があります。

 
  
開館時間 午前9時〜午後5時
休館日:月曜日及び冬期間(12月1日から3月31日)
入館料 大人100円  高校生以下無料


▼1階展示室

一階展示室
展示室に入ると左側に展示ケースが6つ並んでいます。

木製の出土品
木製の出土品は保存処理して展示

道具、ちょうな、やりがんな
右側の階段の壁にか掛っている道具は手斧(ちょうな)と鎗鉋(やりがんな)と呼ばれ当時はこれらを用いて木材の加工を行っていました。

はしら
上の画像にある道具を使って作られた歴史館の柱にも凸凹があります

橋脚
これは江上館から発掘された橋脚です

土で築いた砦
江上館の北東部にあった土塁を引き剥がしたものです。画像の向かって左側が館内で右側が堀です。

▼2階展示室

2階展示室
2階展示室に向かって右側には本物の土器のかけらに触ることができるコーナーがあります。
向かって右から「縄文土器」、「弥生土器」、「土師器(はじき)」、「須恵器(すえき)」です。

出土した陶磁器
こちらのコーナーは江上館の特色である大量に出土した陶磁器の一部が展示されています。

液体を入れて使用されていた器
この器は水か何か液体を入れていたようです。
高さ61cm

青白磁 梅瓶
江上館跡より出土し復元した
「青白磁 梅瓶」
南宋時代(西暦1127−1279)
高さ37センチ

中国製青磁碗の山
中国製青磁碗の山。当時の日本海流通の盛んさを物語っています。

奥山荘の信仰を物語る石塔、胎内市平木田、胎内市長橋から
ここにある石塔、板碑は奥山荘の信仰を物語るものです。
向かって右側の2個が平木田の韋駄天山遺跡から、左側のものが長橋の神子沢から出土したものです。


▼道案内





▲ページの先頭へ
このページに関するお問い合わせ先 胎内市生涯学習課 E-mail:bunnkazai@city.tainai.lg.jp
 | ホーム |