ホーム > たいない写真館 > たいない写真館2014年(平成26年)

ここから本文です。

たいない写真館2014年(平成26年)

スキーシーズン到来!(2014年12月19日掲載)

12月20日のプレオープンを前に、胎内スキー場ロッジ内で関係者が集まり、安全祈願祭が厳かに行われました。神事では、スキー場内での無事故や滑走に支障の出ない降雪などが祈願されました。胎内スキー場の全面滑走は23日からを予定しています。
撮影日2014年12月18日

大長谷地区防災拠点施設が竣工しました(2014年12月3日掲載)

旧大長谷小学校の跡地に大長谷地区防災拠点施設が完成しました。鉄筋2階建てで、いざ災害が発生した時には総合避難所として十分機能を発揮できます。
撮影日2014年12月3日

胎内市障がい者アート展(2014年11月28日掲載)

今年度で2回目となる障がい者アート展が開催されています。このアート展では色彩豊かな絵画や陶芸、編み物など約90点が展示されています。産業文化会館企画展示室で12月1日月曜日の正午まで開催されていますので、丁寧に制作された素晴らしい作品を楽しみ、障がいのある方への理解を深めるために是非足を運んでください。
撮影日2014年11月28日

ひだまり保育園の園児が勤労感謝の日を前に(2014年11月21日掲載)

日ごろの感謝をこめて、ひだまり保育園年長児の代表4人が市役所を訪問しました。園児からは、日ごろの感謝の言葉のあと、手作りしたメモクリップを三宅副市長に手渡しました。三宅副市長もかわいい園児からの心のこもったプレゼントを大変喜んでいました。
撮影日2014年11月21日

大きな声で「火の用心!」(2014年11月11日掲載)

産業文化会館で「園児による火災予防運動」が行われました。市内の園児約200人が参加し、女性消防団員による寸劇の観賞や、また胎内消防署員が行った救助訓練では「カッコいい!」と歓声が上がりました。最後に吉田市長と一緒に拍子木を打ちながら大きな声で「火の用心!」と火災予防を呼びかけ市役所の周りを行進しました。
撮影日2014年11月10日

秋艸道人賞写真コンテスト作品展
胎内市チューリップ写真コンテスト作品展開催中(2014年11月7日掲載)

産業文化会館で第7回「會津八一の歌を映す」秋艸道人賞写真コンテスト作品展と、第22回胎内市チューリップ写真コンテスト作品展を合同で開催しています。また、胎内市図書館が所蔵している『會津八一関連の希少本の展示閲覧コーナー』を設け、コーナーの周囲には會津八一書・杉本健吉画の書画集『春日野』も展示しています。普段見る機会の少ないものでありますので、ぜひご鑑賞してください。(11月9日(日曜日)まで)
撮影日2014年11月7日

山梨県笛吹市観光サポーター「ピーチボーイ」がやって来た(2014年10月31日掲載)

故郷である笛吹市(胎内市と姉妹都市)を全国にアピールしようと、観光サポーターとして、荻野誠亮(おぎのせいすけ)さんが自転車を使って胎内市役所を訪問しました。「中国の北京留学で、多国籍の人々と交流したことが、本企画に取り組むきっかけになりました」と語る荻野さんは、桃農家で、閑散期を利用して東日本を中心に周っています。今年の2月から始まった日本全国縦断の旅は後半に入り、今後は東北地方を周るとのことでした。
撮影日2014年10月31日

荻野誠亮さんのブログ「遊びにこ~し!笛吹市」

 

がんばるミニトマト(2014年10月23日掲載)

福島から避難されている末永登美子さん(新栄町)宅の4月に植えた2本のミニトマトがすくすくと成長し、10月中旬過ぎてもたわわに実を付けまだまだ甘い実を楽しむことができます。その実は物干しざおを独占し、物干しざおの本来の役目を果たすことができない状況に末永さんも微笑んでいました。末永さんの復興に向けた力強さがミニトマトにも伝わったのではないでしょうか。
撮影日2014年10月23日

みんなで鬼ごっこ(2014年10月20日掲載)

たいないスポーツフェスティバル2014のプログラムの一つとして行われた「みんなで鬼ごっこ」。日本のポピュラーな遊びで、かつ誰もが知っている数少ない遊びである鬼ごっこをみんなで楽しもうというこのプログラムには、約800人の参加をいただきました。写真は、鬼役として協力いただいた開志国際高校と中条中学校の陸上部の皆さんが投入されたあとの様子です。
撮影日2014年10月12日

集落の人たちと共に歩んだ松の大木(2014年10月3日掲載)

遡れば、江戸時代に四国の地で誕生したと言い伝えられている松の大木。その大木が長年の役割を終えようとしています。荒井浜にお住まいの戸根次一郎さんの自宅の前に立つ松の木は「蛇皮の松」もしくは「亀甲の松」と呼ばれてきました。昔は電線に届くくらいの大きさを誇り、地域の子ども達の憩いの場としても親しまれてきました。今後松の木は、その一生を終えてしまうものの、集落の人たちの記憶中で生き続けることでしょう。
撮影日2014年10月3日

自宅の庭で見つけた稀有な出会い(2014年9月26日掲載)

9月24日、東牧にお住まいの石井スミさんの自宅の庭で、白い花を咲かせたヒガンバナが発見されました。このヒガンバナは、2、3日前からつぼみを付けていたもので、石井さんが夕方帰宅したときに、発見されたものです。赤い花を付けるはずのヒガンバナの突然の変化に、石井さんはとても驚きましたと話してくれました。
撮影日2014年9月25日

五穀豊穣案山子祭り(2014年9月16日掲載)

9月15日鼓岡地区担い手センターで今年で5回目になる案山子祭りが開催されました。この祭りは鹿ノ俣地域夢苦楽部(ゆめくらぶ)の皆さんの呼掛けで地域の方々が家族や仲間同士で趣向を凝らしながら案山子を作りました。展示された22体の案山子は来場者が審査員となって人気投票が行われました。
撮影日2014年9月15日

まつりの夜のハプニング(2014年9月5日掲載)

国道7号を越えて「本組山車」参上・・ようこそ今年も半山へ。「来年も来いよ~!」と言ったら本当に来てくれた。しかも、やらにゃん同伴で!!子供も大人も大いに盛り上がった一夜でした。
応募者:胎内観光大使応援隊さん
撮影日:2014年9月4日

中条まつり開催中(2014年9月5日掲載)

9月3日の中条まつり前夜祭「大民謡流し」で始まり6日まで行われます。台輪、山車や神輿など様々な場所に登場します。参加される方々はケガのないようがんばってください。
撮影日:2014年9月4日

黒川支所ゴーヤのグリーンカーテン作成中(2014年8月26日掲載)

黒川支所の周りは緑のカーテンにおおわれ、とても涼しげになっています。毎日暑い日が続きますが、成長するゴーヤを見て元気に頑張っています。黒川支所にお立ち寄りの際は、ぜひゆっくりご覧になってください。
撮影日:2014年8月20日

全国大会出場中条中学校・乙中学校(2014年8月11日掲載)

中条中学校の柔道男子個人、女子個人、陸上男子1,500m・3,000mと乙中学校のバレーボール女子が見事、全国中学校体育大会出場へのキップを手にすることができました。市を挙げて応援するため市役所庁舎正面西側に懸垂幕が掲げられました。
撮影日:2014年8月11日

「新潟一番!サンデー」胎内市から生中継!(2014年8月4日掲載)

TeNYテレビ新潟「新潟一番!サンデー」番組内で、胎内市の歴史人物「板額御前(はんがくごぜん)」を顕彰する有志のグループ「板額会」が紹介されました。当日はマスコットキャラクターのてっと君と斉藤久美アナウンサーが鈴木会長宅を訪れ、生中継。男性会員ユニット「哀愁戦隊オチムシャーズ」や、9月14日に開催されるイベント「第12回中秋の名月・板額の宴」についても宣伝していただきました。
応募者:板額会さん
撮影日:2014年7月27日

「また来てね!」(2014年7月29日掲載)

7月19日から二泊三日で東京都江戸川区立篠崎第二中学校の生徒さん220名が林間学校で胎内市を訪れました。胎内平散策、星空・ホタル観察、地引網体験など期間中は好天にも恵まれ、胎内の自然を満喫しました。最終日のお別れ式は市役所前で行われ、農泊受入民家さんは生徒さんとの別れを惜しみ、出発するバスが見えなくなるまで手を振る姿が印象的でした。都会の子供たちも胎内市の自然、人の素晴らしさを心に深く刻んだことでしょう。
撮影日:2014年7月21日

nouhaku.png

白い玉ねぎ(2014年7月8日掲載)

新村二男さん(大出)宅の畑で採れた玉ねぎ約700個の中から1つだけ白い玉ねぎが出てきました。一般的な玉ねぎの本皮は茶色それを剥くと黄色い中身が出てきますが、この玉ねぎはすべてが真っ白!新村さんも長年玉ねぎを作っていますが初めてだそうです。
撮影日:2014年6月25日

あじさいロード(2014年7月4日掲載)

飯角の板額ほたるの里にある「あじさいロード」、約1kmに渡り5千本のアジサイが植えられています。「四季を愛する会」の方々が手入れをしてくれていますが、今が見ごろ!ぜひ足を運んで清々しい里山の雰囲気を味わってください。
撮影日:2014年7月1日

胎内市にテレビ取材が来ました。(2014年6月24日掲載)

UX新潟テレビ21で毎週土曜日朝9時30分からの新潟情報番組「まるどり」の「一Q入魂」コーナーでお笑い芸人の鈴木Q太郎さんが樽ケ橋にやってきました。このコーナーは各地の手助けが欲しい人を探して人助けをするコーナーです。鈴木Q太郎さんには樽ケ橋遊園の動物たちにエサをあげたり掃除を手伝っていただきました。この内容は7月5日に放送予定です。
撮影日:2014年6月17日

全国大会出場開志国際高等学校(2014年6月17日掲載)

開志国際高等学校のゴルフ女子個人、卓球女子シングルスおよびバスケットボール女子が見事、全国大会出場へのキップを手にすることができました。胎内市に設立された学校として市を挙げて応援するため市役所庁舎正面西側に懸垂幕が掲げられました。
撮影日:2014年6月17日

飯豊連峰の湧水:胎内縄文の清水(2014年5月21日掲載)

健康ウォーキングロード「歴史探訪縄文の清水コース」の要所。国道290号線は鼓岡交差点を胎内リゾート方向に約400m行った交差点の手づくり看板が目印。左折ジャリ道を行けばスグそこ。売りは通年11℃・硬度24の軟水。お茶やコーヒーに最適。
応募者:胎内縄文人さん
撮影日:2014年5月19日

緑の桜(2014年5月2日掲載)

緑の桜、その名前は「御衣黄(ぎょいこう)」。桐生栄さん(鼓岡)は18年位前、苗木を植えた時は黄色い花が咲くのかなと思っていてとのこと。実際はとてもかわいらしい緑色の花びらをつけています。遠目で見た花と近くで見た花のギャップが楽しい桜です。
撮影日:2014年5月1日

春爛漫in板額ほたるの里(2014年4月20日掲載)

国道7号線は飯角交差点を山側に、二つの橋を渡ると直ぐそこ。いまはシダレ桜が旬。レンギョウもミズバショウも旬。アジサイロードとほたるの乱舞はもう少し先。
応募者:観光大使応援隊さん
撮影日:2014年4月19日

地本のミズバショウ群落(2014年4月1日掲載)

地本のミズバショウが春の訪れを告げています。高山性植物であるミズバショウが海岸から2Km、標高8mの湿地帯に1万7千株ちかく群生しているとても珍しいものです。

友好都市の山梨県笛吹市へ除雪部隊派遣(2014年3月6日掲載)

除雪作業の支援に対する山梨県笛吹市内小学校のみなさんからお礼をいただきました。
撮影日:2014年3月4日

 

お問い合わせ

総合政策課広報情報推進係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

koho@city.tainai.lg.jp