ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境・住まい > ペット・動物 > 死亡した野鳥を見つけたら

ここから本文です。

更新日:2017年1月4日

死亡した野鳥を見つけたら

野鳥に関する鳥インフルエンザについて

野生の鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。

野鳥との接し方

野鳥は、インフルエンザウイルス以外にも人に病気を起こす病原体を持っている可能性があります。日頃から次のことに注意しましょう。

また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、新発田地域振興局健康福祉環境部環境センター(26-9139)または市民生活課生活環境係にご連絡ください。

  • 死亡した野鳥など野生動物は、細菌や寄生虫が付着している場合がありますので素手で触らないでください。
  • 万が一、野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしてください。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、付着している細菌や寄生虫が他の地域へ運ばれるおそれがあります。野鳥に近づきすぎないようにし、靴で糞を踏まないよう十分注意してください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

関連情報

お問い合わせ

市民生活課生活環境係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

kankyou@city.tainai.lg.jp