ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 地域支え合い体制づくり

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

地域支え合い体制づくり事業

高齢者や障がい者をはじめ誰もが安心して生活していけるよう、地域支え合いにつながる活動補助や、救急医療キッド、胎内タスクの配布などを行っております。

 救急医療キッド(命のバトン)配布事業

自宅内で急病等によって倒れ救急搬送されたときに、意識を失ったり会話ができない状態であっても、救急隊や医療機関に本人の疾病等の医療情報や親族への連絡先を迅速・確実に伝え、救命処置に役立てられるようにするために、あらかじめ記入した「緊急時要支援者情報提供書」を入れた救急医療情報キットを無料配布します。 

配布された救急医療情報キットは、原則、冷蔵庫に保管しておき、緊急時にかけつけた救急隊が取り出し、救命医療機関へと渡します。

対象となる世帯

65歳以上の一人暮らし、高齢者のみ世帯。その他希望する世帯。

サービス費用

無料

救命ホルダー胎内たすく(身元情報登録キーホルダー)配布事業

外出時に急病や災害、交通事故等に遭遇し倒れたときに、意識を失ったり会話ができな状況であっても、かけつけた救急隊が倒れた本人が携帯しているキーホルダーに記載された登録番号から速やかに身元を判明させ、救急隊や医療機関、警察署等に、あらかじめ登録した持病等の医療情報や親族への連絡先を迅速・確実に伝え、救命処置に役立てられるようにします。

胎内たすくホルダーには、個人情報の流出を防ぐため登録番号のみの記載となります。また、申し込みの際には「緊急時要支援者情報提供書」の記入と消防署・警察署等への情報提供の同意が必要となります。

今年は、6月から8月にかけて高齢者のみ世帯を中心に,昨年提供していただいた世帯には情報の更新、新たに対象となった世帯には情報提供のお願いのため民生委員等の調査員がご自宅を訪問させていただきます。

調査員が訪問した際は、ご協力お願いいたします。

対象となる方

65歳以上の高齢者のみで暮らしている方。その他希望する方。

サービス費用

無 料

地域支え合い体制づくり事業補助金

市では高齢者や障害者をはじめ誰もが安心して暮らせるよう定期的に地域での見守り活動や交流拠点づくりなど地域支え合いにつながる新たな活動の取り組みや、活動の拡充を行う自治会等の活動に要する費用に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。事業の実施を検討されている自治会等はぜひご相談ください。

お知らせ (ワード:34KB)

応募様式(エクセル:32KB)

記入例(エクセル:54KB)

 

お問い合わせ

福祉介護課地域福祉係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

fukuho@city.tainai.lg.jp