ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた「緊急小口資金等」特例貸付について

ここから本文です。

更新日:2020年4月7日

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた「緊急小口資金等」特例貸付について

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯への貸付を行います。

〇休業・収入減少された方向け(緊急小口資金)

休業や収入減少が余儀なくされ、生計の維持が困難となった世帯に対し、10万円を限度とした貸付を行います。

〇失業された方等向け(総合支援資金:生活支援費のみ)

生活再建までの間に必要な生活費用として世帯に対し、単身世帯は月15万円、二人以上世帯は月20万円を限度とし、最長3か月間の貸付を行います。ご利用には、生活再建のための自立相談支援事業等による継続的な支援を受ける必要があります。

 

 

 


 

お問い合わせ

ほっとHOT・中条内胎内市社会福祉協議会(44-8682)