ここから本文です。

更新日:2021年4月8日

男女共同参画

【オンラインセミナー】「男性の生きづらさ」から考える ~性別にとらわれない多様な生き方とは~

「男性学」の視点から、多くの家庭で見られる大変さをやわらげるヒントをお伝えします。 

第3次胎内市男女共同参画プラン21について

 平成30年4月から8回にわたる審議、パブリックコメントを経て、令和2年3月27日に策定しました。

 第3次胎内市男女共同参画プラン21(PDF:7,238KB)

第3次男女共同参画プラン(素案)に対する意見公募等について

2名からご意見をいただきました。

それに対する胎内市男女共同参画推進委員会の考え方については、下のリンクからご確認ください。

いただいたご意見に対する考え方(PDF:131KB)

男女共同参画ってなに?

「男性だから…」「女性だから…」と言って、やりたいことを制限する(させる)のではなく、男性も女性も自らの意思によって社会のあらゆる分野に参画することです。

 ☆例えばこんな社会です☆

  • 家庭では…男性と女性が協力して家事や育児、介護をおこなっています。
  • 職場では…性別にとらわれない人員配置や男性、女性ともに育児休暇などがとりやすい仕組みが整備されています。
  • 地域では…地域活動へ男性、女性がともに参画し、住みよい地域となる取組をおこなっています。

 性別に関わらず一人ひとり向き不向きや、好きや嫌いがあります。

 その個性を認め合いすべての人が住みよいまちとなるよう、その人の意思を尊重しましょう。 

〇定住自立圏による男女共同参画啓発のためのリーフレット

 これは、定住自立圏事業として、新発田市・胎内市・聖籠町の3市町で連携し、作成したリーフレットです。今後も男女共同参画社会の実現に向けて、啓発等に取り組んでまいります。

取組紹介 

胎内市では、男女共同参画の重要性を理解していただくため、講演会やセミナー、パネル展などを実施しています。

〇平成30年度の取組紹介

◆2018じんけんフェスティバルinたいない(8月19日 胎内市産業文化会館)

 講師にlove1peace代表の高橋佳生(たかはしけいき)さんをお招きし、映画「カミングアウト」の上映会とミニ講演会を開催しました。

 講演では、「特別じゃないLGBT」と題し、日本の人口の7.6%がLGBTであるという統計結果に触れ、AB型の人数と変わらない数がいるのに、LGBTであることを隠して生活している『生きづらさ』があり、偏見や差別をなくすために、まずは相手を理解することが必要だとご講演いただきました。

 講演後は、ゲイの青年がカミングアウトするまでの物語を映画にした「カミングアウト」の上映会を行いました。

 当日は53名が参加され、「LGBTの話題をやっと公にできる世の中になってよかったと思います」「講演内容は大変わかりやすかったです」などの感想をいただきました。

 また、当日は男女共同参画に関するパネルを展示し、多くの方にご覧いただきました。

高橋佳生1 高橋佳生2 パネル展(じんけんフェスティバル)

◆職場の男女共同参画を考える研修会(10月5日 胎内市役所本庁舎2階大会議室)

 講師に一般財団法人女性労働協会第2事業部長の桂香代子(かつらかよこ)さんをお招きし、職場の男女共同参画を考える研修会を開催しました。

 講演では、「女性活躍推進と働き方改革~中小企業の事例から見る職場の男女共同参画~」と題し、時代の変化によって、求められるニーズも変化していることから多様な人材が活躍できる環境の整備が重要であるとし、中小企業の中で効果を上げている事例と取組のポイントについてご紹介いただきました。

 当日は25名が参加され、「詳しい事例があり、役に立つことばかりでした」「情報交換ができ、大変良い機会でした」などの感想をいただきました。

 また、当日は県担当者からハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)についての説明会も行ないました。

桂香代子1 桂香代子2

◆【定住自立圏】男女共同参画講演会(12月8日 新発田市生涯学習センター)

 講師に東京大学大学院総合文化研究科教授の瀬地山角(せちやまかく)さんをお招きし、新発田市、胎内市、聖籠町の共催で男女共同参画講演会を開催しました。

 講演では、「笑って考えよう『家庭』『仕事』『未来』のこと~男の家事が社会を救う~」と題し、時事ネタやコマーシャルを題材に男性、女性それぞれの生きづらさを解消するための方法についてご講演いただきました。

 当日は150名が参加され、「夫の産休も忌引きと同程度になると良いです、企業側の意識改革が大事です」「とても楽しく、わかりやすかった」「子どもにも聞かせたかったです」などの感想をいただきました。

瀬治山角2 瀬治山角1

◆知ってトクする⁉「健幸」教室(2月9日 ほっとHOT・中条)

 退職後の生活(セカンドライフ)について考える「ライフプランセミナー」と「リフレッシュセミナー」を開催し、定員を超える多くの方から参加いただきました。

 第1部では、日常生活の中で身近な男女共同参画について、(公財)新潟県女性財団理事長の阿部愛子(あべあいこ)さんからお話があり、会場からは共感されうなづく参加者の姿が見られました。

 第2部のライフプランセミナーでは、(一社)はまなす代表の秋山貴子(あきやまたかこ)さんから講義形式で今後の人生設計やエンディングノートの書き方などについて教わり、「家庭生活」と「お金」の関係について見つめ直し、自分らしい終活について一緒に考えました。

 第3部のリフレッシュセミナーでは、ピラティスマットトレーナーの榎本暢子(えのもとのぶこ)さんからピラティス入門編を伝授していただき、ココロもカラダもリフレッシュした様子で、リラックスした表情をして楽しんでいました。

 参加した方からは、「講座の後に運動があったので、とても身体がリラックスした」「とても楽しい教室でした」「もう少し時間があるともっとよかった」などさまざまな意見をいただきました。

健幸教室(阿部理事長) 健幸教室(秋山貴子さん1) 健幸教室(秋山貴子さん3)

健幸教室(秋山貴子さん2) 健幸教室(ピラティス1) 健幸教室(ピラティス3)

ハッピー・パートナー企業に登録しませんか

 新潟県では、男女が共に働きやすく仕事と家庭生活等が両立できるよう職場環境の整備や、女性労働者の育成・登用などに積極的に取組む企業を「ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)」として登録し、その取組を支援しています。

 登録についてはこちらをご覧ください。≪ハッピー・パートナー企業に登録しませんか?≫ 

 関連資料・リンク

 〇関連資料等

 表紙~目次(PDF:1,019KB)

 第1章(PDF:3,115KB)

 第2章(PDF:12,504KB)

 参考資料(PDF:11,156KB)

 〇関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課人権啓発係

新潟県胎内市新和町2番10号

電話番号:0254-43-6111

jinken@city.tainai.lg.jp